FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未だ良くわからないアルバム

聴いてはみたものの、実はよくわかってないアルバムが、いくつかある。
それにちょっと一言ずつコメントしていきます。

Kind of BlueKind of Blue
(1997/03/27)
Miles Davis、Wynton Kelly 他

商品詳細を見る

僕の中でわからないアルバムぶっちぎりのNo.1。
ジャズ最大の革命だとか、歴史的名盤とか、モード奏法がどうとか、
そういうのは置いといて、聴いてみて感想としては、
「なんじゃこりゃ」です。もちろん、「こんなのつまんねーよ。糞。」と言っているわけではありません。
So whatは格好良いし、全体に漂う浮遊感は好きだし、
聴いてみると何かがじわじわくる感覚がある。
でもイマイチよくわからない。最後まで通して聴けません。

スタンダーズ Vol.1スタンダーズ Vol.1
(2003/04/23)
キース・ジャレット・トリオ

商品詳細を見る

これは初めて聴いた時は、「なんかよくわからんが、とんでもないところへふみこんじまった!」と思ったものです。
今改めて聴いてみたら、前より結構良さがわかるようになってて、今感激しながら聴いています。
熱いですね、これ。そして自由ですね。
僕が最初面食らったのは、ベースのゲイリーピーコックのベースが原因だと思います。
当時はジャズといったらウォーキングベースしかないと思っていましたから。
聞き直してみるとあまりの良さに涙が出そうになってきました。
キースジャレット、天才だなあ・・・・

至上の愛至上の愛
(2003/04/23)
ジョン・コルトレーン

商品詳細を見る

わからないけど大好きなアルバム。
世間的にも「お経ジャズ」と陰口を叩かれるほどの難解なアルバム。とされている。
僕はこのアルバムが大好きだけど、強面のいかつい兄ちゃんに、
「コルトレーンの至上の愛、どこがいいんじゃぁ~~!?」と凄まれたら、
「わ、わかりません。すいません」と平謝りするしかありません。
大好きで、何度も聴きたくなるのだけど、何が良いのか「わからない」。
それもそのはず、これはジョンコルトレーンというかなりの努力家が、
常に前進し続け数年(正確にはわかりません・・)、その末ようやくできたアルバムですから、
たかが16の若造にわかるはずがないだろうと思うのです。
けれども何度も言いますが僕はこのアルバム大好きです。
聴いていて楽しくは無いですが、好きです。
ちょっと壁にぶつかって悩んだりするときに聴くと、なんだかとても励まされます。


なにがともあれ、こんなにさっぱりわからんアルバムがあるということが、
とても嬉しい。まだまだこれから楽しみがたくさん残っている。
音楽は楽しい。一生かけても、飽きないんじゃないかな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

『ゴキたん』

Author:『ゴキたん』
ゲームと音楽と映画とギターという、
ありがちな趣味を持つ奴。
所持ハードはPS3・PSP・DS。
最近PS3メイン。
今FUELに嵌ってるよ!
オンラインIDは、gokitan_198。
もしオンであったらよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。