FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美術の歩みが面白い!

美術の歩みという本を読んでいます。
もう長いこと読んでますが、
なかなか読み終わりません。
分厚いですし、僕は読むのがおそいので。

この本、面白いです。
これを読む前は、絵を「写実的であるか否か」でしか見てませんでした。
ぱっと見て、「へー本物そっくりー」でおしまいでした。
ですが、ぱっと見ただけでは下手な絵も、
「写実的に書くことも可能だけど、あえてこういうものにした」ということがわかり、
見る目が変わりました。構図や配置も、全て試行錯誤を重ねてそれに至ったのです。
この聖母子像も、ちょっと曲がっていますが、これは失敗したわけではなく、
なるべく固い感じにしないために、あえてやったものらしいです。
落書きと違い、絵画には描かれている物全てに意味があるのです。
これは、「絵画を読む」という本で知ったのですが、
背景の花も、何かの意味があったりするんだそうです。
それらの意味を知るには、「西洋美術解読事典」という本が良いらしいです。
また、その本に書いてあったもので、題名は忘れちゃったんですが、
若い男が、果物がたくさん入ったかごを抱えている絵があるんですが、
そのかごに入っている果物をよく見ると、
片側は新鮮だけれども、片側は葉がしおれていて腐りかけてるんです。
果物は「甘美だが、つかの間の快楽」という意味があり、
それがその腐りかかっているものによって強調されているのです。
つまりその絵には、「若さは一瞬の物」だとか、「時はどんどん流れていく」みたいな意味も込められているのです。
美術って、面白いですね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

『ゴキたん』

Author:『ゴキたん』
ゲームと音楽と映画とギターという、
ありがちな趣味を持つ奴。
所持ハードはPS3・PSP・DS。
最近PS3メイン。
今FUELに嵌ってるよ!
オンラインIDは、gokitan_198。
もしオンであったらよろしく。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。